FILE [ファイル] | 田園調布・京都のインテリアショップ | STAFF BLOG

オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などデザイン性と機能性に優れた商品を使ったインテリアを提案する京都のインテリアショップfile。インテリアを楽しむ...それは自分なりの美や、価値を身近なモノの中に置き日々の生活を豊かにすること。自分とモノとの相性、空間全体をとらえたモノ選びが重要です。オリジナル家具、北欧家具、照明、雑貨などを使った上質なインテリアを提案します。

STAFF BLOG

田園調布、京都店のスタッフが日々の情報を発信します。

部屋になじむ優しい北欧カラー3色が新登場【AJテーブルクロック】



建築家でもありデザイナーでもあるアルネ・ヤコブセンは、モダンな北欧デザインの原型を作り上げた人物の一人です。セブンチェアやエッグチェアなどを生み出したデザイナーとしても有名ですね。そんなヤコブセンが手掛けた数々のデザイン史において、欠かせない作品のひとつが「テーブルクロック」です。

1930年代後半、デンマークのラウリッツクヌーセンのテーブルクロックデザイナーに抜擢されたヤコブセンは、それまで住宅設計を主としてきたヤコブセンにとっての大きな転機となりました。

大戦の影響でわずかな期間で販売終了となったことから、「幻のテーブルクロック」とも呼ばれていたプロダクトですが、70年の時を経た今、当時のオリジナルデザインに忠実かつ現代に合わせた優れた機能を加え復刻されています。テーブルクロックは「LK」「ステーション」「ローマン」「バンカーズ」「シティーホール」と5つのデザインがあり、ヤコブセンらしいモダで印象的な魅力が感じられます。

そんなヤコブセンの名作テーブルクロックを対象とした「AJ テーブルクロックフェア」が2020年7月17日(金)より開催されます。そこで今回、新しくシティーホールクロックに仲間入りしたカラー3色をご紹介します。

シティーホールクロックは、1956年にヤコブセンがルードブレ市庁舎を建築設計した際に一緒に作られたウォールクロックのデザインをベースに作成したテーブルクロックです。ミニマルかつモダンなデザインの文字盤は、視認性も高く、LEDライト、ムーブメントセンサー、スヌーズ機能が搭載され、実用性も抜群です。

クールな印象の定番カラーであるブラックとはまた違った印象の新色は、北欧の自然を思わせるやわらかなトーンで、本体と足部分はマット加工されているため落ち着いた印象に。派手さを抑えつつカラーをインテリアに取り入れたい方におすすめの逸品です。



≪マットな質感がより際立つサンドベージュ≫
 



木材をベースとしたテーブルやオブジェとの相性がよく、北欧スタイルをはじめとした様々なお部屋に溶け込みやすいカラーです。マットな質感が高級感あるインテリアとしても楽しむことができます。
ナチュラル系の寝室にも優しく馴染みます。
 





≪個性的なウォームカラーが新鮮なペールオレンジ≫
 



ウォルナット材やウールなどの毛糸製品と相性のよい暖色。3色の中でも際立つカラーですが、電球色を使用したリビングなどの落ち着いた雰囲気を演出する空間のアクセントにおすすめです。
可愛らしい印象もあるので、子供部屋にもぴったり。
 





≪落ち着いた深い青がクールなストーンブルー≫
 



シックでモノトーン系のお部屋や、名前のとおり石材系と好相性です。白を基調としたインテリア小物との相性も良く、寝室などのリラックスした空間にも最適です。
キッチンやリビングのポイントとしても映えますね。

ヤコブセンの故郷コペンハーゲンには、ニューハウンというカラフルな港町があり、今回の新作シティーホールはその街並みを彷彿させるような色合いが揃っています。

AJテーブルクロックフェア中、対象商品をお買い上げの方にはノベルティーとして夏にも涼しげな特製トートバッグをプレゼントいたします。ちょっとしたお出かけやエコバッグとしても使い勝手のよいサイズ感です。(ノベルティーがなくなり次第、フェアは終了いたします)


この機会にぜひ、カラーバリエーションが増えたAJテーブルクロックお楽しみください。




オンライショップページ[Table Clock CityHall]はこちら »
String System ワークデスクセット15%OFF キャンペーンのお知らせ



テレワークが始まり、以前より在宅勤務をされる方も多くなったと思います。突然始まったことで働く環境が整わないままに、ダイニングテーブルや、ソファで仕事をしたりしている方もおられるのではないでしょうか?

covid-19が収束するのか、はたまた共存しなければならないのか、今はまだわかりませんが、これをきっかけにこれからの社会はテレワークが主流になるかもしれません。
そこで、自宅の仕事スペースを整えたいと考えている方におすすめしたいのが、北欧の収納家具で人気の「String System」のワークデスクです。

String Systemのワークデスクは、自宅の小スペ―スでも機能的かつ効率的なワーク環境を作ることができます。はしご型の2つのフレームに棚板とコンパクトなデスクのみのシンプルな構造は、空間に圧迫感を与えることのないスッキリとしたデザインになっています。

デスクのみならず収納場所も整えることができるので、美しくお部屋をスタイリングし、心地よいホームオフィスを実現するのにも最適です。

そのString Systemのワークデスクセットを、お手頃価格で提案できるキャンペーンが期間限定で始まりました。

ワークデスクセットは2種類あり、期間中にワークデスク、フロアパネル、シェルフをそれぞれパーツごとにセットでご購入いただくと、通常価格から15%OFFとお買い得になります。





String Systemは、パーツが少ないので組み立ても簡単、また棚板やデスクの高さも自由に調節できるので、用途にあわせて自身の使いやすいよう変えることができます。また、その後別のパーツを組み合わせてカスタマイズすることもできる、とても自由度の高い家具です。

シェルフのカラーバリエーションは「ホワイト」「オーク」「ウォルナット」など全部で6種類(デスクセットBは全5種類)。使用する空間や好みに合わせてお選びください。

この機会にぜひ、ワークスペースをお気に入りで快適な場所にしませんか?
6月8日(土)〜6月21日(日)の期間中、FILEオンラインショップにて販売中です。






オンライショップページ[コンビネーションA]はこちら »
オンライショップページ[コンビネーションB]はこちら »


代表の自宅兼東京ショールームをご紹介いただきました
扶桑社のwebマガジン『日刊すまい』で、FILEの東京ショールームをご紹介いただきました。

代表の自宅兼ショールームでは、仕事も家事も楽しめる職住一体の快適なライフスタイルをご覧いただけます。こちらではキッチン収納や寝室、水廻りなども詳しくご紹介頂いていますので、ぜひご覧ください。


https://sumaiweb.jp/articles/185459
【FILE 京都店】営業時間変更のお知らせ
FILE京都店からのお知らせです。

平素は、株式会社FILEをご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。
急ではございますが新型コロナウィルス感染状況拡大を受け
当店では営業時間短縮を決定いたしました。

誠に勝手ながら下記期間は予約制とさせて頂きます。
皆様にはご不便とご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解とご協力お願い致します。


[期間]2020年5月6日迄
[営業時間]11:00-18:00(完全予約制)
京都店からのお知らせ




年が明けてからはや半月が過ぎました。
年末年始の慌ただしさも落ち着き、FILEも通常営業に戻っております。

京都店からのお知らせです。

1/20(月)〜31(金)まで、京都店2階ショールームの
レイアウト変更に伴い、売り場の一部を閉鎖しております。
ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。
年末年始休業のお知らせ
誠に勝手ながら、年末年始の営業を下記の通りとさせていただきます。

ご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが、
ご了承賜りますようお願い申し上げます。

※年末年始休業日

東京店
12月30日〜1月4日

京都店
12月30日〜1月4日

みなさまどうぞよいお年をお迎え下さいませ。
『HERS』1月号掲載のお知らせ
いま日本でペットがどれだけ飼われているかご存知ですか?

犬と猫に限ってですが、15歳未満の子供のいる家庭よりも動物と暮らす家庭の方が多いそうです。
飼育環境が良くなったこと、ペット共生型住居の増加、少子高齢化におけるペットへの存在の高まりなど…
様々な時代背景とともに単に“ペット”というより“家族・パートナー”という存在に変化してきました。

『HERS』1月号ではペットとの暮らしを考えリフォームした実例や獣医の先生とFILE代表の対談などが掲載されています。

人間の赤ちゃんが親を選んで産まれてくるのと同じように、動物園の動物や野生の動物もまた然り、すべてが生きる環境を選び、素晴らしい体験をするためにこの世にやってくるのだそうです。

FILEではペットとの暮らしを快適に過ごせる提案も。
また、犬の負担を軽減するハーネス、リードもご紹介しています。
»詳しくはこちら

共に生きるパートナーだからこそ、お互いストレスのない環境に整えなおしたいですね。

『REAL KITCHEN & INTERIOR SEASON 次抃悩椶里知らせ
REAL KITCHEN & INTERIOR』はキッチン好きな方はもちろん、これからキッチンを選ぶ方におすすめの本です。

キッチンを遠目で見て考える。
色や素材から選ぶ。
収納は量よりも必要なものを収める。
家具、照明、インテリアと一緒にキッチンを考える、等々…
キッチンを選ぶ際にヒントになるポイントが散りばめられています。

P142【The Japan Kitchen】特集ではFILE東京の2Fにあるキッチンを紹介していただきました。
天井の木材や障子の枠とも相性のいいヤマザクラのオーダーキッチン。
せいろや銅鍋、羽釜など日本の料理道具にも馴染みます。
1Fのキッチンとはまた違ったキッチンをご覧いただけます。

著者の本間さんがおっしゃっている人生においてキッチンがいかに大切かを教えてくれる1冊です。

ぜひ、ご覧ください。
『VERY』11月号 掲載のお知らせ
発売中の光文社VERY 11月号「日曜日の風景」にFILEでリノベーションさせていただいたカメラマンの須藤様宅が掲載されています。

元々の風情ある床や造作家具などを活かしながら築24年の戸建てを部分リノベーション。

ネット、ショップ、骨董市や世界中から集められたご主人こだわりの品々が家の個性と見事な化学反応を起こしています。

ヴィンテージの良さを活かした住まいとアートや小物などが生きている素敵な暮らしぶりをご覧いただけます。
『eclat』11月号 掲載のお知らせ
ようやく秋らしい気候になりました。
気持ちのいい季節、外出する機会も多いかと思いますが、秋の夜長に家で
ゆっくりと過ごす時間も大切にしたいですよね。

『eclat』11月号にて『素敵な「椅子」と「照明」と』の特集ページにFILE tokyoや前回施工例でご紹介したお宅が掲載されています。

こだわって選んだ椅子と照明がもたらす豊かな時間。
参考にしたいですね。

京都のFILEcafeではデンマーク料理をいただきながらこだわりの椅子も体感していただけます!
季節限定のパフェも登場していますよ♩

『eclat』をはじめ、掲載誌も多数おいています。
京都散策のついでに是非お越しください!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES